Frienbr ONE(フレンバーワン)とFrienbr STANDARD(フレンバースタンダード)の違いを解説!【値段・大きさ・使いやすさ】

公開日:  最終更新日:2017/08/31

フレンバースタンダードとフレンバーワン

電子タバコ「Frienbr」(フレンバー)には、フレンバーSTANDARDと、フレンバーCLOUD17、フレンバーONEの3種類があります。
この3種類のうち、フレンバーSTANDARDとフレンバーONEはペン型の電子タバコ(リキッドを蒸発させてフレーバーを楽しむVAPEと呼ばれる電子タバコ)で、初心者には違いがよくわからないと思います。

そこで今回は、Frienbr ONE(フレンバーワン)とFrienbr STANDARD(フレンバースタンダード)の違いを、実際に両方のフレンバーを購入した感想を含めて解説していこうと思います。

フレンバーとは


まず、フレンバーがどういう電子タバコなのか、簡単に説明していきます。
フレンバーとは、iQOS(アイコス)やglo(グロー)といったニコチンを含む電子タバコとは違い、ニコチンなしのリキッドを蒸発させて煙状の蒸気を吸うタイプの電子タバコです。
フレーバーの種類も様々で、メンソールタイプのものだけでなく、フルーティーなものも多いのが特徴です。

詳しく知りたいかたは「評判の高い電子タバコ「フレンバー」を使ってみたレビュー」のページをチェックしてみてください。

Frienbr ONEとFrienbr STANDARDの違い・比較

フレンバースタンダードとフレンバーワン

それでは、フレンバーワンとフレンバースタンダードの違いを比較して説明していきます。

■公式サイトで分かる情報の比較

フレンバーワン フレンバースタンダード
値段 4,480円(税別) 4,980円(税別)
大きさ・重量 長さ:130mm
厚さ:14mm
重さ:55g
長さ:153mm
直径:14mm
重さ:55g
ケースの有無 ケース無し ケースあり
カラーバリエーション 10色 6色

基本的には安価の「フレンバーワン」がおすすめ

上の表にあるように、フレンバーワンは4,480円(税別)で、フレンバースタンダードが4,980円(税別)という値段になっており、フレンバーワンの方が安く購入できます。
安いからといってフレンバーワンの方が機能が劣るというわけではなく、専用ケースの有無が値段に関係しているのではないかというところです。

基本的に、フレンバーワンはフレンバースタンダードの改良版として見てもらって間違いないです。

フレンバーワンの方がシンプルで使いやすい

フレンバースタンダードは、パーツの構成が「アトマイザー」「バッテリー」「コイル」の3つに分かれます。

フレンバースタンダードのパーツ

一方、フレンバーワンは「アトマイザー」と「バッテリー」の部分が一緒になっており、2つのパーツで構成されています。

フレンバーワンのパーツ

フレンバーの実物を見たことがない方は、説明書を読まなくても感覚で使い方がわかるだろうと思っているかも知れませんが、意外とフレンバースタンダードは使い方で困っている人が多く、トラブルも多くあります。
そのため、シンプルになっているフレンバーワンの方が初心者にはおすすめです。

フレンバーワンはリキッドの液漏れがしない

フレンバースタンダードはリキッドを入れる場所が吸い口と直結しているため、本体を持ち運んでいるうちにリキッドが流れ出てくれる可能性があります。
一方、フレンバーワンは吸い口と直結しておらず、マグネット付きキャップも付属しているので液漏れする心配がありません。

▼マグネット付きキャップ
マグネット付きキャップ

フレンバーワンはカラーバリエーションが豊富

上の表でも記載している通り、フレンバースタンダードが白、黒、ゴールド、シャンパンゴールド、シルバー、スカイブルーの6色なのに対し、フレンバーワンは白、黒、ゴールド、シャンパンゴールド、シルバー、スカイブルー、ミントグリーン、ブルー、ネイビー、ワインレッド、ピンクと女性好みのカラーバリエーションが10色そろっています。

吸い口が異なる

フレンバーワンとスタンダードの違いとして、サイズの他にはボタンの大きさと吸い口の素材の違いがあります。
特に吸い口は、フレンバースタンダードがプラスチックで、少し安っぽい印象があるのに対し、フレンバーワンは金属になっており、高級感があるように見えます。

吸い口の違い

とはいえ、フレンバーワンの金属は角がたっている感じで口当たりが気になるかも知れません。フレンバースタンダードは、プラスチックで丸っこくなっているので、口当たりが優しい印象で、ほんとにこのあたりは人によって好みが分かれるだろうなあという感想です。

フレンバースタンダードは専用ケースが付属している

フレンバースタンダードを購入すると専用ケースが付属してきます。
その点だけ考慮すれば、フレンバースタンダードの方がお得だと考える人もいるかも知れません。

専用ケースはリキッドも入れられ、故障しにくいようショックも吸収できるようになっているので割と重宝します。

フレンバーワンは人気すぎて売り切れが続出していた

フレンバーワンはフレンバースタンダードと比較してもかなり人気の高い商品のため、しばらく商品の在庫が切れていました。
そのため、Twitterの公式アカウントなどに、以下のようなお問い合わせの回答をもらっている方もいるようです。

在庫がない間は、一部の電子タバコ専門店や、メルカリやヤフオクなどで転売されていたようですが、現在では以下のように「THE Frienbr SHOP」というフレンバーの公式サイトやAmazon、Yahoo!ショッピングでも販売再開しているようです。

今までフレンバーワンが欲しくても在庫切れに悩まされていた方は、在庫があるうちに注文するのがおすすめです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑